診療時間 日祝
09:00~12:00
15:30~18:00
内視鏡内科は毎日行っております
047-477-5525
最寄駅/JR津田沼駅・徒歩6分
駐車場/2時間無料

内科一般

内科一般を受診される方へ

以下のような症状がおありの際には、お早めにご相談下さい。

発熱

喉の痛み
腹痛
頭痛

胸の痛み
動悸
嘔吐
下痢
血尿

便秘
倦怠感
体重減少 等々
花粉症の症状

内科一般の主な対象疾患

風邪

風邪は、正式には風邪症候群という、気道(鼻やのど)の急性炎症の総称です。

気道とは、肺に出入りする空気の通り道をいい、鼻や口から声帯までを上気道、その奥(気管支)を下気道といい、風邪は上気道の炎症性の病気ですので、上気道炎ともいいます。また、下気道の炎症は気管支炎で、さらに奥にある肺の炎症が肺炎となりますが、一般的には単純な気管支炎までを風邪と呼んでいます。


気管支炎

気管支炎とは、気管支に炎症を起こした状態のことをいいます。

息を吐く時にゼーゼー、ヒューヒューという呼吸音がしたり、呼吸が困難になるのが特徴です。初期の段階では鼻汁やくしゃみなどが起き、場合によっては熱が出ることもあるため、風邪と判断してしまうことがありますが、風邪が治りかけている様な状態のままいつまでも咳だけが出る場合は、気管支炎の可能性があり、症状が進むと、多呼吸や激しい咳を伴う呼吸困難が起こってきます。


肺炎

肺炎は、ウィルスや細菌による感染症、薬剤、アレルギー、誤嚥など、様々な原因によって肺に炎症が起こり、呼吸障害を起こす病気です。

最も多いのは、風邪を引いて体力が低下している時に、ウィルスや細菌などの微生物が空気中から肺に入って、2次感染を起こすケースです。

肺炎球菌のような細菌性肺炎、ウィルス性肺炎のほか、マイコプラズマ菌、真菌(カビ)といった微生物による感染性のもの、間質性肺炎のように非感染性のものも含めて、広く肺の炎症性疾患を肺炎と呼んでいます。それぞれ症状や治療法が違うので注意が必要です。

また、インフルエンザのシーズンにおける細菌性肺炎では、50~60%が肺炎球菌によるものとなっています。この肺炎球菌は、健康な人の口の中に常在していることが多く、体力が落ちているときや、免疫力が弱くなってくると肺炎を引き起こします。


花粉症

花粉症とは、スギ、ヒノキ、シラカンバ、ハンノキ、ヨモギといった植物の花粉が鼻や目の粘膜に触れることによって発作性のくしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみなどの一連のアレルギー症状を言います。

原因物質としては、日本ではスギが多く、花粉症の約70%がスギ花粉症と言われています。症状は、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりのアレルギー性鼻炎と目のかゆみ、充血のアレルギー性結膜炎が生じます。

花粉症の治療は、内服薬や、点眼薬などを症状に応じて、組み合わせて使用します。作用別には、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、局所ステロイド薬、局所血管収縮薬などに分けられますが、抗アレルギー薬などは、一定の効果がでるまでに時間がかかることから、症状の出始める前に治療を始めることが大切です。

毎年、花粉が飛び始める2週間前くらいからお薬を飲んだり、目薬をさすことで、症状を軽く抑えることができますので、どうぞお早めにご来院下さい。

胃カメラ・大腸カメラ 検査実施中!
高血圧・高脂血症・糖尿病など、生活習慣病もお任せ下さい!

047-477-5525
〒275-0028  千葉県習志野市奏の杜1-12-3 MFビル2F  

診療時間 日祝
09:00~12:00
15:30~18:00
内視鏡内科は毎日行っております
map
JR津田沼駅・徒歩6分
※MFビルの駐車場がご利用頂けます。